ドメインとサーバーはそれぞれ別でいい

起業コンサルを受けて、サロン開業をした友人。

なかなか高額のコンサルで、最初は心配しましたが、その辺りの判断は難しいもので、金額だけでその真贋を判断するものではありませんし。

そのコンサルさんはなかなか立派なホームページを作ってくれたようなので(金額から言えば当然)、あとは彼女が回収できるように頑張ろう、というところ。

で、その友人がサイトの独自ドメインを取るのをお手伝いしたんですが、すでに、ホームページが設置されているサーバーがあり、そのサーバー会社では独自ドメインサービスの提供がないので、別のサイトで探すことになりました。

そして、彼女の希望する独自ドメインが某M社では900円程度だったのに対し、某A社では「0円」。

もちろん「0円」のA社と契約(笑)

A社で、独自ドメインを取得、ネームサーバーをM社のものに設定。
そして、M社のサーバーの方で独自ドメインの設定、無料SSL設定を済ませました。

数日後、友人から「なんか変なメールが来る・・・」ということ。

「xxxxxxxxxxxxx.comの登録はお済みですか?」

「【重要】xxxxxxxxxxxxx.comにはSSLが発行されていません」

有人は、ホームページは独自ドメインで表示されてること、SSL表示になってることを確認。

え?どうゆこと?と不安になって、私に連絡をくれました。

SSLについては、なんかお金が請求されそう?みたいな話にもなっていて、私も「なんのことだろう?」と思いながら帰宅して確認したところ。

どちらも、A社からの営業メール。

多分、一通目の「xxxxxxxxxxxxx.comの登録はお済みですか?」は、独自ドメイン取得後に、支払い履歴がないアカウントに自動的に送られてきているものでしょう。

今回彼女が取得したのが、無料の独自ドメインだったので、当然支払い履歴はありません。

そして「【重要】xxxxxxxxxxxxx.comにはSSLが発行されていません」は、サーバー契約してないので、そりゃそうだろう。

M社でSSL発行してるんで。

で、そんなあたりで、「え?こんなゴリゴリなメールがくるってことは、まさかA社は、独自ドメインとったら、サーバー契約もしないとダメなの?」と思い、規約も確認しましたが

もちろんそんな決まり事はありませんでした。

友人には「大丈夫だよ。安心してね」ということを伝えましたが、A社・・・はじめて利用したけど、あのメールはわかりづらい。

ちょっと、営業メールを送る範囲を広く設定してるんでしょうね。
なんか「あわよくば、間違えて契約しねーかな」みたいなのを狙ってんのか?と一瞬かんぐりましたよ。

現在は「独自ドメイン」や「サーバー」は個人の資産であることが広く認識されて、ホームページ制作会社ではなく、サイトの所有者本人がアカウントを作成するのが主流です。

10年くらい前は、全部管理します!という名目で年間契約料100万円なんて話もあり、会社と顧客間のトラブルについてもよく耳にしました。

私の知ってるクライアントさんも、ホームページ制作会社との契約をやめたら、自分の屋号がついたドメインは返してもらえず、数ヶ月後どこぞのエ〇サイトのドメインになってたことがありました。

私がそのクライアントさんのFacebookをチェックした時に、まだそのドメインが残ってて、リンクをクリックしてみたらとんでもないサイトが表示されたので、慌ててFacebookからURLを削除するようお伝えしたのでした。

いずこも商売ではありますが、不誠実だなぁ・・・と思うし、そもそもそんな形でやってたところはまともな会社ではなかったのでしょうね。

どんどんインターネットの世界が企業から「個人」の所有できるものになってきて、光があたる箇所が増えて、最近は、透明性も高くなり、価値とサービスの整合性が取れるようになってきたから、そういう会社はあまり見かけない気もします。

そして、個人事業主で言うなら、起業=ホームページ、という時代も、今はそんなこともなく。(いや、いずれはあった方がいいとは思ってますが)

どこで、どんな方法で、お客様に情報を届けるか、にはいろんなやり方があります。

お客さんとのつながりができること以外の「正解」はどこにもないので、「〜じゃなきゃだめ」という無責任な外野の意見は、参考程度にして、その上で、発信を楽しんでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です