独断と偏見にみちたパソコン選び

※これは、独断と偏見のみで書いております。スペックの話など一切してないのでご了承ください。

現在使用中のパソコンは、Windows(dynabook)とMacbook Air。

どちらも2012-2013に購入したもので、Windowsに関しては、OSはいまだに8.1を使っている。←依怙地です。

イラストレーターとかAcrobat DCとかを駆使することがあり、Windowsに関してはAcrobat DCを起動させるとフリーズするようになってしまい、現在はもっぱらMacの方に負荷がかかっています。

外付けHDDとかにデータを移したら少しは違うのかなぁ・・・とか悩み中です。

いずれにしても、そろそろ買い替えの時期かな、とは思うのですが最近聞いた「Macのポンコツ具合がひどい」という噂。

(噂というには、若干少数ですが・・・)

信頼しているお二人との話だったので、「次はiMacにしようかな〜」と思っていた私には、なかなかのショックでした。

長年、Windowsユーザーでもあった私。ただ、ヘビーユーザーの割にパソコンに関する知識が薄いせいか、Windowsの更新アップデートで日々重くパフォーマンスが悪くなっていく、そのスパンの短さに辟易していました。(使用機種の個体差以上に、ユーザーとしての個人差が影響しているとも思います。)

  • 自分でのカスタマイズが可能なWindows PC
  • カスタマイズはほぼ不可能だけれど、若干長持ちするMac

個人的にはそういう図式で比較していて、自分であれやこれやハード面をカスタマイズしてまで使おうとは思わないこと。

そして、10万未満のWindows PCは5年くらいでパフォーマンスがガタ落ち、イライラし始めたけど、13万のMacBook Airは今でもある程度のサクサク作業ができることを思えば(そして、使い方も考えると)性に合ってるんだなぁ、と考えています。

去年発売された新型MacBook Airがとてもいいような気がしていますが、新旧Air2台持ち?も若干謎なのか。

でも、自分の使用目的・ニーズに合ってるなら、そういう選択もありなのか?

必要なのは、AdobeのイラレとフォトショとAcrobat DCとOfficeと、そしてたまに動画編集。

動画編集を考えると、iMovieは捨てがたい・・・。

更新情報を受け取る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です