やっぱり「見た目」も大事でした

WordPressサイトはもちろん、JimdoやWixなど、個人がより気軽にホームページ制作できるようになってきていますが、たとえ個人のサイトだったとしても、やはりある程度の「見た目」にはこだわりたいものです。

特に、サイトについては「面食い」な私・・・結局、こちらに舞い戻ってきました。

ウェブサイトの「見た目」を決める3つのポイント

見た目がキレイなサイト、と言う時に、私がこだわるポイントはこの3つ。

  1. 写真と文章のバランス
  2. フォント・行間
  3. 導線のわかりやすさ

これを、0から作り上げる・・・できないことではありませんが、果てしない・・・。

だからこその、WordPressのテーマがあり、JimdoやWixというあらかじめスキンを備えたホームページ制作サイトがあります。

とはいえ、WordPress、Jimdo、Wix・・・いずれかに触れたことがある人ならば、「こんな素敵なサイトが誰にでも作れます!」という宣伝文句が嘘では無いにしろ、そんなに簡単な話では無いことはわかると思います。

オススメのテーマ「Lightning」

個人的に、あまりWordPressをオススメすることはないのですが、あえて「やっぱりWordPressでサイトを作りたい」という方がいて、自分でやってみたいなら無料テーマの「Lightning」。

私がWordPressに触れ始めた頃、多くの人が使っていた商用利用可の無料テーマBizVektorを配布していたベクトル社が、WordPress.org公認テーマとして出したものです。

フォントや配色の美しさが際立っていて、 ExUnitというプラグインを利用することで、テーマに依存しない自由なサイト作りが可能となります。

WordPress.org公認テーマなので、WordPressの管理画面から簡単にインストールできます。

Lightningを使いたい人のスタートを応援します

Lightningはこのサイトで使っているテーマです。

まだまだスタートしたばかりで、これからコンテンツを充実させていく予定です。

そういった中で培うノウハウをそのまま提供していきますし、いずれは勉強会などでシェアしていきたいと考えています。

 

更新情報を受け取る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です