オトナになるための断捨離ー宅配買取で本やCDを手放してみた

収集癖があるほうで、結構モノは買ってしまいます。

本やCDも、図書館やレンタル・・・というよりは、購入する派な昭和生まれです。

「手に入れる」という感覚に喜びを感じる最後の世代かもしれませんね(笑)

「それが自分のスタイルだ!」というほどのこだわりもなく、今の自分にどれほど身になってるか?というと甚だ疑問で、個人的にはこの「集める」という行為は若干幼稚な欲求を満たしてるよね、という自覚もありまして、人の親になって8年ほど経ったところで、少しずつ手放そうと思い、プチ断捨離を決行しました。

自宅にいながらコミック・ゲーム・CD・DVD宅配買取【book-station】

今回利用したのは、宅配で買取等のサービスを提供しているブック・ステーション様。

ちょうどキャンペーンをされていたので、モノは試しに!と申込みをしました。

これまでも店頭買取などに持っていった経験から、買取価格に期待するものはないわけですが、持ち込むまでの移動時間や、捨てる場合の労力などを思えば「送料無料」「宅配買取」は魅力的です。

自宅から一歩も出ず、3ステップで完了!

申し込んでから、すぐにダンボールが届きました。

ガムテームなどもお願いしたら送ってくれるようでした。ほんと、今の時代何かと親切・・・。

今回はダンボール2つ送っていただき、それに本やCDを詰め込んで、着払い伝票を貼って集荷のお願いをするのみ。

本当に

  1. WEBから申込み
  2. 梱包
  3. 集荷依頼・送付

これだけ。買取も自動承認にしたので、スムーズに入金されました。

「高価買取!」などは期待していなかったのですが、金額としては妥当・・・もしくは、店頭に持ち込むよりは高かったのでは?と思っています。

どれだけ「オトナ」に近づいたのか?

さて、今回は人の親として、もう少し大人になりたい、と思っての断捨離で、高校時代から大事にしてた漫画などを手放そうとしたのでした。

しかし、他の不要な書籍やCDを整理したらそこそこにスペースができまして・・・

本当に、好きな「これは名作!!」と思って揃えているものばかりなので、やっぱり・・・と考え直しました。

今や、漫画もスマホで読む時代ですが、年をとるとね。紙の良さがまた目にしみるものですよ。

じゃあ、結局何を手放したのか?と言われると〜・・・ですが、すでに読み終わったハードカバーの小説。30代半ばで入院してたときに、読んで感動して、そのまま大事に持っていたものとか、もう息子が読まなくなった絵本。他に一時期好きだったアーティストさんのエッセイ本。あと松居一代のお片づけ本とか(爆)

他にはCDですね。CDは以前は400枚ほど持ってましたが、少しずつ処分して今回も50枚くらいは送ったんじゃないでしょうか。(ちゃんと数えたメモ紛失・・・)

というわけで、「オトナになる!」という目標達成については怪しいものですが、今回のブック・ステーション様のサービスには大満足です。

また機会があれば、利用させていただきます。

ありがとうございました!

更新情報を受け取る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です